ヴィンテージパーツの魅力

twitterと連動して初ブログ記事をUPしたら思った以上に反応がよくて嬉しく、本日二回目の更新しちゃうtomoです。おばんですw(ぇえ)

1日1回更新できればいいかなーと思っていたけど、久しぶりのブログが楽しすぎて止められない止められない(誰か止めてあげて)


さて閑話休題
私のアクセサリー製作について振り返りますと
レジンアクセサリーが最初の入り口で
それから、チェコビーズ・スワロフスキー・天然石・布花などなど
実に様々なジャンルをに手出しをしてきましたが
最近、今後はこれで落ち着くかなーと思っているジャンルが
ヴィンテージパーツ使用のアクセサリー
です

さて、今回はそのヴィンテージパーツについて書いていこうかなと思います。


そもそも、ヴィンテージパーツというのは、30年~99年前にヨーロッパなどで作られた、希少性の高い貴重なパーツです。
現行パーツにはない、色合いやデザインが特徴で、私もそこに魅了された一人になりますw
年代物であり、様々な地を渡ってきたものも中にはありますので、パーツ自体に小さなキズやカケなども稀にあったりするんですが、その風合いもアクセサリーにすると良いアクセントになったりするんですよね…。


現在持っているヴィンテージパーツの中で、ヴィンテージらしいデザインを紹介させて頂くと
こちら



バミューダーブルーのヴィンテージパーツです。
中心に向かってドーム型になっている珍しいものです。
さらに、細やかなカットが綺麗に施されています。
このパーツの魅力はなんといっても、見る角度によって色が全く違って見えるところ。
それでは、違う角度からご覧いただきましょう…



ほいっ。


凄くありませんかこの表情の違い!!!
青っぽいなと思っていたら角度を変えると紫で
最初の角度ですと中心部は暗かったのに次の角度で見ると中心部が白く明るくなるっていったいどういう構造しているんだろうか…
昔の職人さんの手によって、精密に作られたこの美しい輝き…こういったパーツが時を経て、場所を変えて巡り合えたときの感動といったらもうたまりません

綺麗なヴィンテージパーツを見てると、冗談抜きで吸い込まれそうになります。
妖しくて艶めかしい魅力満載です。
共感してくれる人がいると嬉しいなぁ…(つω`*)テヘ

tomoが手掛けたヴィンテージパーツのアクセサリーをもっと見たい・購入したいという方はminneまたはCreemaからどうぞ
いいねだけでもうれしいです。




↓このブログのノリが良い!と感じたらクリックお願いします★↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment